授業料が無駄にならない

アルファベット

勉強を続けやすい環境に

英会話を学ぶ人は増えています。そして、そのような人の殆どが英会話スクールに通っています。ただ、英会話スクールに通っている人の、3、4割がドロップアウトするという実情もあります。高い学費を払いながら、途中で勉強を止めてしまうのは、実に勿体ないことです。そこで、多くの学校が授業システムを変更する傾向が出てきました。授業の曜日や時間が決まっている固定授業制では、仕事などの関係で授業に出席できない人も多いといいます。そして、欠席が多くなる生徒の多くが学校を去っていくということも分かってきました。そのことを鑑みて、固定授業制をビジター制に変更する所が多くなったといいます。ビジター制の授業であれば、自分の予定に合わせて勉強を進めることが可能です。ビジター制を導入する学校の多くは、授業ごとのチケットを販売するので、支払ったお金が無駄になることはありません。忙しい人でも、自分の予定に合わせて勉強ができると好評です。また、一部の英会話スクールでは、定期的なカウンセリングを行う所もあります。英会話の勉強を続ける人と面接をして、勉強の目的意識を強く持ってもらい、学校離れを防ぐ措置にもなっています。そのようなサービスを行っている学校では、ドロップアウトする人の数が格段に少ないといいます。このようなシステムは、今、多くの英会話スクールに広がっています。2020年を目指して、英会話を学ぶ人が増える中、数多くの現場が生徒の定着率を伸ばす策を講じています。